アクロコルドンが出来るメカニズム、原因を知ろう!

アクロコルドンが出来るメカニズムや原因を知ることでより適切な対策が可能です。
MENU

アクロコルドンが出来るメカニズム、原因を知ろう!

歳を重ねれば誰でも出来るといわれる老人性いぼアクロコルドン。20代30代でももちろん出来ることはありますが、やはり多いのは更年期を過ぎてからと言われています。

 

統計では60代だと80%の人が、80代になるとほぼ100%の人がどこかしらに出来ていると言われているくらいですからね。

 

もちろんアクロコルドンは病気に発展するようなことはなく、良性の腫瘍なので健康上の問題が生じるわけではありませんが、やはり見た目にもよくないですし美容の面からみても出来るだけ早くなんとかしたいものです。

 

さて、そんなアクロコルドンですが、そもそもなぜ出来るのでしょう?誰でもできる老人性イボとはいえ、詳しい原因やメカニズムを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?

 

適切な対策や予防法を実践するためにも、そもそもの原因を知っておくことは非常に大切です。ぜひチェックしてみてください。

 

アクロコルドンが発生する原因、メカニズムとは?

アクロコルドンを含め、老人性イボというのは簡単にいうと”皮膚の老化”です。

 

老化と聞くとおじいさんおばあさんになってからというイメージを持たれるかもしれませんが、人間は基本的に20代をピークにその後徐々に老化現象が始まります。つまりそれくらいの年齢以降になると誰にでも老人性イボが発生するくらいの老化は始まっているということですね。

 

皮膚が老化すると肌のターンオーバー(新陳代謝)が悪くなります。ターンオーバーが悪くなると、生成されたメラニン色素などが剥がれ落ちずに蓄積されやすくなり、結果的にシミやイボとなって皮膚表面に残留するというわけですね。

 

老人性イボは正式には「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」や「脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)」と言います。言葉自体は覚える必要はありませんが、もし独自で原因や治療法などを検索する場合には知っておいた方が便利でしょう。

 

ただ、皮膚の老化だけがアクロコルドンの原因ではありません。もう一つの大きな原因、それが紫外線です。

 

わたしたちの体は紫外線を浴びると、自分のカラダを守ろうとメラニン色素が生成されます。こうすることにより、紫外線ダメージが肌の表面に留まり奥まで届きにくくなるというわけですね。

 

しかし、当然メラニン色素ということは、シミなどの原因になってしまいます。

 

通常はこういったメラニン色素は肌のターンオーバーによって定期的に皮膚の表面まで押し上げられて垢などと一緒に剥がれ落ちるように出来ていますが、紫外線を浴びすぎてメラニン色素が大量に生成されたり、肌のターンオーバーが鈍くなるとそういった作用が十分に行われなくなります。

 

もちろんシミ自体の原因は紫外線だけではなく色んな要因もありますが、紫外線ダメージの蓄積が一番大きい原因と考えて支障ありません。また、このシミが発展してアクロコルドンになるケースも多いのです。

さらにアクロコルドンが成長すると、スキンタッグなど手触り的にもブツっと突起しているようなわかりやすいイボになることもあります。老人性イボの種類については別記事で詳しく解説しているので気になる方はチェックしてみてください。

 

紫外線以外の原因としては、遺伝も挙げられます。遺伝的に出来やす人、出来にく人がいるのもたしかですが、これらは改善の余地がないためまずは紫外線ダメージを意識的に減らすこと、肌のターンオーバーを整えることが改善の第一歩となるでしょう。

 

さらに詳しい改アクロコルドンの善方法、予防法などは別記事でまとめていますのでそちらでどうぞ。

このページの先頭へ